投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

耳を切り裂き、切迫するもの。言葉。

イメージ
先月の29日からパリでも公開されている「Extrmrly Loud & Incredibly Close」を観てきました。
詳しいレヴューはこちらをどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/barriosmangre/e/65dc40050c10726dcf06f30562f08030


9.11を題材にした映画ということで、
興味深いと同時に、少し構えてしまう所もありましたが、
実際に観てみると、ヒューマン・ドラマ的な色彩が強く、意外にすんなり入り込めました。

多くの犠牲者を伴う大事件も、
骨格としては、僕らが生きている日常的な世界の一場面だし、
日々の些細な出来事のなかには、歴史的大事件と同じくらいの危機や混乱が含まれているのかも
知れないなと感じました。

上で紹介したブログでは、「鍵」をめぐる考察が目を引きます。
実際、この映画は鍵が主人公といっても良いかもしれません。

閉ざした扉を開ける、という行為は、
物語の開幕を告げるイメージもありますが、
と同時に、別の物語に向けて現在の物語を終幕させるようなイメージもあります。

また、鍵は一組の対(鍵穴と鍵)を想起させますが、、
その対が切り離されて、それぞれ別の場所に保管されることを前提にしています。
それはあたかも、一組のカップル、一組の人間関係のなかには、
二つの存在を結び付ける要素と、それを引き離す要素が常に混在しているという事実を
示唆しているようです。

連想ついでに言っておくと、鍵自身には特別な価値がなくても、
それが守っているものは、基本的には何らかの価値のあるものです。
そのことから、鍵はどこか、資本や言語を想わせるものがあります。
お金も言葉も、それ自体の価値よりも、それが流通することによって生まれる
剰余価値で成立していますが、鍵もまた、それ自体の金額よりも、
それが鍵穴と結びついたり離れたりすることによって、
箱の中に保管された大事なものを目に見えるようにしたり、
あるいは、永遠に手の届かないものにしてしまいもします。

映画の話に戻りますが、ネタばれ注意です。
これから観る予定のある方は、ご注意を。


ごく大まかに言って、この映画は、
オスカー少年と9.11事件で命を落としたその父との失われた関係を中心にしつつ、
事件後に生きる人々の関係性を描いたものだと言えます。

失われた…